イワケーン日記

何かを巻き起こす良いハリケーンでいたい。建築・インテリアデザインの仕事がメインです。このブログに書いているのは正しい意見ではなく、「僕が感じたこと」の記録です。

誰が「オシャレ」なのか??

先に報告。この前アクセス数が1000を超えました。ありがとうございます。
これからも少しづつですが更新していきます。
 
さて本題。どういう人がオシャレっていうのか、そのあたりを考えました。
 

f:id:iwakeen:20180702221515j:plain

 
 
この前、久しぶりに服を買いました。
これまで、別のことにお金を貯めていたので、恥ずかしながら学生の頃と比べるとファッションには随分と疎くなっていました。
 
 
とりあえずこの夏はけるボトムス。。。と探しているとアパレルスタッフの方に色々紹介していただき、結果、開襟シャツ、インナーシャツ、ボトムスの三点を購入。体型に合わせて色々と探してくれたので家に帰って着てからも納得のいく買い物でとても満足でした。
 
 
 
服について疎くなっている間に、服の買い方が結構変わっていることに気づく。
今回の記事はそのことに関して書きました。
 
 
 
今更言うのもアレだけど、よく通販で買うようにしてました。
特に利用させて頂いたのがZOZOTOWN。
 
 
 
うーん、サイトで見た限りサイズはあってるんだけど、手元に来たものは思ってたのと違う。。
って言う誤差経験から「通販はちょっと・・・」っていう方にできたのがZOZOSUIT
なかなかそれだけでも、絵になるスーツを着て、すぐに自分の身体のサイズを測定
そのデータをもとに、「誤差」がなくなり自分ピッタリの服を買うことができるという優れもの。
 
 
 
無料ということもあって、イワケーンも昨年の11月頃に頼んだのにまだ来ない。
そこに「誤差」あり(笑)
 
 
 
ゾゾスーツを待ってる間に知ったのが「leep」

f:id:iwakeen:20180702210228p:plain

ファッションレンタルサービスです。
月額料金を払えば最新のファッションと自身の体型、好きな傾向を踏まえてコーディネートしてくれた服を送ってくれるというサービス。もちろんレンタルなので購入ではありません。男女ともにいくつもこういうサービスはあります。
初めて知った時はびっくりしました。
 
 
 
オシャレに自信のない人とか、時間がなくてオシャレしたくても買いに行けない!っていう人は便利かも。
他人に全てを任せるっていうのに抵抗があるかもしれないけど、やっぱりプロだから(笑)
勉強という意味でもやってみる価値ありかも。疎くなってきたので。。。
 
 
 
 
 
論理的にオシャレを追及されている方もいらっしゃる。
「MB」という方。

www.neqwsnet-japan.info

 
本屋さんで何度も見たことがあるのでご存知な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
・服を着るならこんなふうに(マンガ)
・最速でおしゃれに見せる方法

 
などなど、ご自身のファッション理論を展開している。
 
 
男性ファッション誌を見ていると「こういう服がトレンドです!これに合わすとオシャレです!」
って書いているだけで「そもそもなぜオシャレになるのか?なぜそれを合わせると良いのか?」と根本的なところから理論的に説いています。
 
 
 
学校とかにいた「あいつって、何着てもオシャレやな〜」っていう人はそういうノウハウがいつの間にか身についているんやろうな。是非参考に。
 
 
 
ここまでの紹介したものを駆使すれば、なんだかわざわざショップまで足を運んで服を買うことが、かなり無駄足というかナンセンスというか。そんな風に感じがち。
多分、いろんな人が同じことを思っていると、思う。
 
 
 
名古屋でも客足が遠のいてしまって、遂に丸栄百貨店も閉店
「昔は百貨店の紙袋を持っていることがステータスだった」と言われても「ふーん?」程度
というか百貨店が閉店するということでさえ「ふーん?」だと思う。
本当に服の買い方が変わっちゃった。
 
 
 
「誰がアパレルを殺すのか」杉原淳一さん、染原睦美さん著

 

 

昨年、日経BP社出版された書籍ですが、まさにこのことかと言わんばかり。
この本を読む限り、服の買い方が大幅に変わりそれについて来れなかった業界は淘汰されて行くというのがわかる。
 怖いのは別にアパレル業界限定ではないということ。これからは色んな業界が淘汰されて行く予感。
 
堀江さんと落合さんの「10年後の仕事図鑑」に乗ってる業種の人は要注意です。
この2冊はこれからの警鐘本。

 

 お店がなくなり、少ないお店はよく売れるものしか売らなくなる。どこのお店に行っても、同じ商品ばかり。

きっと通販のランキングとかを閲覧して調査した結果を反映させているのやろうなぁと思う。
 
 
 
それで、何というか、オシャレって呼んでいいのかな?
トレンドがあるのとは少し傾向が違うような気がする。
インターネットでたくさんのデータを調査できるようになったけど、その売筋からお店にアウトプットされるのは一部のものだけ。それを買わせてオシャレって?
服を買うだけでもこんなに考えてしまうなんて、これから生きていけるんかな?(笑)
 
 
 
ここまでを踏まえて、オシャレな人ってどんな人なのかな?と考える。
 
 
 
うーん
 
 
 
僕の結論としては、「シルエット」か「トレードマーク」を持っている人が一番オシャレじゃないかと考えました。
 
 
その人の似顔絵やイラストを描くときに簡単にかける人、といった方がいいのかな。
 
 
僕の中では例えば名探偵コナン
黒縁メガネ、青いジャケット、短パン、赤い蝶ネクタイがトレードマーク(あの髪型もかなり特別だとは思うが)
事実、上記の格好をして大阪駅を歩いていたらいろんな人に声をかけられた経験があります(笑)
 
あとは紅の豚(ポルコ・ロッソ)かな。(アニメばっかり)
 
 
 
これまでを振り返ると、僕を含め知り合いの服装もどちらかに分かれる。
「トレンドを押さえてる人」「トレードマークを持った人」
 
 
 
ここまでくると「トレンドを押さえてる人」は世の中のトレンドや流れがかなり影響しそう。
 
 
色々忙しなく変わる世の中だけど、その中でも変わらずトレードマークを持ち続ける人って、何だかどこかオシャレなのかも。
今度からそういう人を見かけたらリスペクトしそうです。
 
 
 
ちなみにイワケーン。色々言いましたが、結局はショップに行って服を買っていました。
その理由は、その場で服を選ぶときにスタッフの方と色々お話ができるからです。
お話するときに自分に似合うのか?どういう生地なのか?耐久性は?やたらと色んなことを聞きます。
 
 
 
払う金額=服の代金+服の知識
って考えるとネットで買うのよりはお得かも、とか考えながら買ってます。(ちょっとけち臭いか)
 
 
これからは何かシルエットかトレードマーク目指したい。
とりあえず、コナン君以外で(笑)
今日はこんなところで。
 
 
 
 
ハリケーンのごとく何かを巻き起こしたい!
イワケーンでした!